<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ううっ。
寒かったり、暑かったり。。。
どっちかにして〜〜〜って感じ。
今日もいっぱいに洗濯した。

昨日は久しぶりにりえちゃんが遊びに来てくれて、とても嬉しかった。
元気そうで何より。
下着を部屋干ししたまま迎えてしまい、
「ひ〜ちゃん、あれ、パンツ?」
とつっこまれたけれど、お構いなしな私だった。
個人的には共にこのウチに住む事が出来なくなった事がものすごく残念で、残念過ぎる程だけど、今の元気な暮らしぶりを見ると、これで良かったのだな、と妙に納得出来た。
幸せになっていただきたい。

フィギアスケートがスキで、昨日も見たのだけど、あれって何も控えの所までカメラやリポーターを入れる事ないんじゃないかな〜。
デリカシーに欠けてる。
たった1度の本番を前に、緊張やら孤独やら集中やらの境地にいることは何も映像として観なくても分かる事だし、彼ら彼女らはその日の自分の最高のスケーティングをみせてくれればいいだけで、ああいうとっても大事なプライベートなシーンとも言える場面までさらさせなくてもいいんじゃないかな〜。
見たい人っているんだろうか。
っていうかそもそも、あんな風にズカズカバシバシ映像にする権利って一体誰にあるんだ?なんて思っちゃった。

ハタケヤマさんね。
イジメにあってたか、家庭内暴力にあってたか知らないけど、まあ、それが人を殺していい理由にはもちろんならないし、それが事件に考慮されるとでも言うのか、今更持ち出されるのも何か変な感じするなぁ。
かなり高い確率で出てくるけど。こういう背景って。
[PR]
by baniko01 | 2007-10-29 18:16
昨夜は久しぶりにtonoのお店に手伝いに行ったのだけど、人の出入りの多いのと、喫煙者率が高いのとで帰宅した頃にはすっかり喉がガラガラに。
tonoがタバコをやめてからというもの、殆どタバコに接する機会が無いので、更に弱くなってるのかも。
鼻もムズムズして、「こりゃ調子悪いなぁ」と思ったので、すかさず生姜紅茶に蜂蜜づけレモンを入れて飲む。
「今日はコレにしときなよ〜〜〜。きっと調子良くなるからさぁ〜〜〜」と言いつつ、コーヒー党のtonoにも渡すと
「おいしい。おいしい。」
と飲んでた。
今朝起きると、喉の調子はよくなってた。
tonoは早朝(4時30分)出だったので、栄養ドリンクやら梅干しやらを持たせる。
私は朝からカバー類をガンガン洗う。
犬が2匹いるので、けっこう汚れたり、毛が付いたりするのでほぼ毎日交換するのだけど、
この洗濯の光景はかなりスキかも。

いいともでアオキさんが結婚報告をしているのを観て、
「こんな私と生涯を共にしてくれる勇気がある人がいて助かった」
と言うのを聞いただけで泣けてしまった。
いやぁ〜でも我が身に置き換えるとしみじみとしてしまって。
ホントにね、ありがたいことです。
何があっても一緒にいてくれる存在がいるって事は。
tonoはもちろん、大事な友達たちにも、感謝!感謝!

やっと借りる事になった店舗にお掃除業者さんが入り始めた。
おとといはカーペットクリーニングをして下さった。
とにかく、掃除が終わってくれない事には、レイアウトやら何やらが進まない。
早くお店で作業が出来るようになるといいんだけど。
メニューで不安なのはドリンク。
いや、食べ物もだけど、もともと水分摂らない(摂り忘れる)くらいなので、ドリンクに対する知識が乏しいのです。
九州はお茶所が多くて、無農薬で作ってらっしゃる所も多い事が分かり、紅茶を何種類か、国産無農薬のものを置こうかと思っています。
日本茶のように飲みやすい紅茶だそう。
数種とってみて、その中から決める予定。

シャンプー&リンスの迷宮に入り込んでいたが、ツバキのシロがいいみたい。
香りも好き。

カメダおにいちゃん、好感度あげましたね。
あれもまた色んな事が動いたんだろう〜な〜。
目に見えるものも、見えないものも。
まだ子供なんだけど、ああいう世界に足を踏み入れた以上は、何歳だろうが、何者にも揺るがされない大切な守るべき、自分の「核」をギュウ〜ッと大事にしてなきゃ、すぐに身動き出来なくなりそう。
ま、そりゃ私たちも同じだけど。
[PR]
by baniko01 | 2007-10-28 11:09
最近、tonoの部屋を掃除した。
もう、どうにもこうにも見てられなくなったので。
でもこの作業がとてもココロをモヤッとさせる。
掃除はエラく好きなので、掃除自体は楽しいのだけど、「人の部屋」をと言うのが。ポイント。
基本的に昨日も書いたように、個々の人間(しかも大人の)という概念があるので、tonoと私は「夫婦」という形態をとってはいるけど、まずその前に一人一人の人間なので、その「自分」という世界を持っていて、いくら夫婦と言えども、その世界にむやみに、そして勝手に足を踏み入れてはいけないと思っている。
ので、極力tonoの空間に勝手に入りたくないのです。
洗濯をする時に、ポケットを確認したりするのも気が引ける。
洗ってしまったらいけないので、確認するけど、「キチンと自分で出しておいて。」と口をスッパクして言ってしまう。
tonoは自分の領域に入られる事を何とも思っておらず(私の領域にズカズカと入ってくる事はないので、理解した上でのようだけど)
「うわ〜!キレイになってるぅ!!ありがと〜〜〜」
なんてお気楽。
こんな時、
「ホント?ホントにそう思ってんのか?実はとても嫌な気分なのでは?」
と言う疑いを私は拭いきれなかったりする。

今日は雨。
今は止んでいるけれど、沢山水分が含まれた空気が重い。

先日遊びにきた友人が
「ここではこんなに寛いだ気分なのに、明日仕事と思うとすごくドンヨリとするのは何故だろう」
と言うような事を言っていたけど、考えてみれば、「時間の流れるスピード」かもと思ったりした。
日頃は「責任」をしょって「仕事」や、やらなければならない事(と思い込んでる事も)に追われて、
時間どろぼうに時間を盗られながら、ココロをグ〜ッと締め付けられてるけど、此処にはここの時間の流れがあって、そうだな、まさに時間貯金を下ろしに来ているようなものなのでは。
そしたらココロもまたグ〜ッともとの大きさまでふくらんできて・・・。
これからカフェをはじめる訳だけど、「ステキな退屈」とか「芯からの休憩」とかそういうものをちゃんと提供したいなぁ。
ずっと目一杯頑張る事はすごいことだけど、「頑張らない事」って意外と難しかったりするから。
線を引く事は勇気がいるし。
自分ってもの、そのココロの向きを大切にしたいものです。
[PR]
by baniko01 | 2007-10-26 12:45
昨日は友人K&H夫妻が遊びに来てくれて、とても楽しく、元気をもらった。
毎度毎度書くけど、友人パワーはすごいのだ。
何からしゃべろうか、度々かんでしまうほどにテンションが上がり、帰った後にはほのかな淋しさとともに絶対的なあたたかさが残っているのです。
ちょっとどんよりと、と言うと言葉が悪いけど、困惑・・・と言うか、う〜ん、なんて言うか
「どうなるんだろう」
と言うような、ググッと苦しいような気持ちの中にいたので、すごくチャージ出来た。

と言うのも、カフェを始める事ももちろん私に漠然とした不安を与える要因のヒトツではあるのだけれど、それとは別に(それは結局の所、なるようにしかならないと何処かで肝をくくっているのです)私の悪い病気(ココロの)がまたチラホラと顔をみせている今日この頃だったりするから。
それは
「家族」
と言うくくり。
私の実家は私が17歳まではアル中で肝硬変の父親とそのためにガムシャラに働かざるをえず、ちょいちょいキレる母親とでそりゃあもう壮絶に暮らしていて、私が小さな頃は兄が良く面倒をみてくれたが、ここにもちょっと一悶着あったりもしながら、5歳年上の兄は私がまだ中学1年生の時に家を出た。
そんな中では精神的な自立は当然早く、日々の生活の中の細かな事から、進学、学費(高校とその後の専門学校は奨学金で通ったのです)、進路に至るまで常に自分の事は自分で決め、進め、決着をつけてきた。
父親が死んでから、穏やかになった我が家ではあるけれど、長くそうして生きてきたので、家族は仲はいいけれど、みんな個人個人で生きている。
それぞれが独立して、よほどの事(大病とか、天災とか)が無い限り、それぞれがその他の家族に頼ったり、泣きついたりすることもないかわりに、群れる事もなく、あまり他のメンバーに興味もないので、干渉もせず、その個人の世界でそれなりに楽しく暮らしている。
なので、私は「家族」という集まり、その団体が妙に苦手というか、慣れていないので困惑すると言う事があるのです。
tonoはもう、「もう一人の私」的存在なので、いつも「居て」も全く気にならないのだが、他の家族はちょっと違う。
とても大事にしてくれていて、想ってくれているので、とてもありがたく、私の大切な家族である事はもちろんそうなのだけど、「何処に行くのか」とか「何を食べたのか」とか、「今、何をしてるのか」とか「何故?何故?」とか常に心配され、その心配に答えなくてはならない事、また、やろうとしている事ややっている事に誰かの目が行き届いている事等で、私の生活、イヤ、おおげさに言ってしまえば生き方にまでも監視されているようで、息苦しさを感じてしまうのです。
贅沢な事だけど。
前にも1度同居していたのだけど、その時もどうにも息が出来なくなり、無理くり家を探し、引っ越したのだった。(私はその家で強盗にあったけど、実のところ、それでも実家に帰る気は無かったりした)
お風呂と洗濯機が母屋にあるので、それらを利用する際には誰にも会わないようにそっと行ったりする程だ。(途端に質問攻めにあうので)
ところが今回の私の逃げ道(カフェ)にその店舗が広い事、防犯上の事情、またまだ人を雇えるかの見通しが付いていない事等から、家族の介入が避けられそうも無いのです。
無償で手伝って頂ける事はありがたい事だし、その愛情もとても身に余る程ありがたい。
けど、そう、身に余るのですよ。
常に自分(とtono)以外の誰かが、四六時中一緒にいると言うのが、私には苦しい。
監視されているような、縛られているような、息が出来ない感じがするのです。
一緒にいるとは言っても、その場所に一緒にいるだけでソレゾレが思い思いに自分の世界を持っている場合は全然気にならず、むしろ心地いいのだか(私の友人達との関係がまさにそう言えると思う)仲良しこよししていなくてはならず、常にその存在や言葉、関心などを意識して、尚かつ答えなくてはならないという環境に陥った場合、
「あう〜〜〜」
と、頭を抱えてしまうのです。
わがままなのです。
家族のありがたみがまだ分かっていないのです。
人に意見は聞くし、それぞれのやり方や考え方を尊重するし、理解もして、それらを自分の中に取り込みはするけれど、その上で、自分の思うように、自分のやり方で、自分のスピードで、自分の間合いで、自分の順番で。
時に間違っていても、遠回りになっても、誤解されても、そうやってやってきた私にしてみれば、「家族」の中で生きる事はまさに修行です。
いつか慣れるのだろうか・・・。
ううっ。。。
「家族」
「家族」って大変。
そう言えば、そもそも団体行動が苦手なのだった。物心ついたころからね。
ぬあ〜〜〜。。。
漠然とした、この先の見えなさ、これがまた猛烈に苦手。
すぐに白黒つけたいタチ。
バッサバサ切るタイプ。
でも、修行なんだよね。そう。人生の修行。
「家族」が出来た時、その時はその新鮮さが妙に嬉しかったものだが。。。
ううっ。。。
[PR]
by baniko01 | 2007-10-25 19:37
急激に寒くなった。
本来住居用ではなく、倉庫として使われていた我が家は寒い、寒い!
ああ〜こうなるとコタツ布団を今頃クリーニングに出してしまった事が、心底悔やまれるぅ〜。
ストーブはつけてるけど、全然寒い。
ホットカーペットを物色したら、結構高価でびっくりして買わずじまいなんだけど、後、2週間ほどもこの寒さを耐えれるのだろうか。。。
ううっ。。。

こう寒いと、不思議と?眠いんですよね〜。
何故?って程に。
犬達もま〜るくま〜るくなって寝てばかり。
3人?で丸まりあってると、眠気が・・・。
犬達は朝、ドーム状になってる各々のベッドからなかなか出て来なくなってきた。
夜も早々に入ってる事が。
寒いんだよね。この部屋。
冬眠か。
これから忙しくなる事がほぼ決定した我が家。
冬眠してる場合じゃないんだよな〜。

これから忙しくなります。
色んな準備をしています。
方々に連絡をして、交渉やアポをとらなきゃいけない方々もいて、動かなきゃ!です。
お店をもう1店舗増やす事にほぼ決定したのです。
楽器店&ライブハウスではなく、カフェです。
もちろんtonoがオーナーですが、私仕切のお店です。
12月1日からのオープンになりそうです。
ううっ。
寒さにものすんごい弱い私が!12月に!!出来るのか?
でもエラい人達も関わっているのでやらざるをえません。
フードマイレージ、地産地消、エコなんかを意識したお店になって行く予定です。
この私がやるのです。
めちゃめちゃスローなお店になるでしょう。
それでもいいよ。って方が来てくれる事を祈るのみ。
私がこんだけのんびりなのだから、お客様もかな〜りのんびりしてもらえるといいな、と思っています。
大した事出来ないんだけど。。。
ぼちぼち頑張ります。
[PR]
by baniko01 | 2007-10-20 21:56
やっとお義母さんが帰って来て、一安心。
今日もお菓子の試作。

朝晩は寒くって、昼間は妙に暑い。
朝、着た服を昼は着替えなきゃだったりで、面倒くさい。
犬達も朝晩は服を着せて、昼間は脱がせてって。
今日、コタツ布団をクリーニングに出したら、3600円もしてビックリ。
渋々支払いをする。
何故、こんな時期になって出したのか・・・。
ふとん丸洗いに持って行こうとtonoを誘う事、もう数えきれず。。。
「行こう!行こう!」
と言うばかりで全然行かないまま、この季節に。
コインランドリーの仕組みがよく分からないのでシビレを切らし、クリーニングに出しました。
我ながら気が長過ぎたけど。
「急ぎ」でも20日間程かかるって!
ううっ!ちょっと後悔。。。

カメダさん家のお父ちゃん。
パフォーマンスであのキャラなんじゃないんだね〜。
案の定、謝罪会見は大非難。
やっぱり、「勘違い」しちゃうとイタイなぁ。
このスタイルで行くんだね〜。
これはもはや子供達が早く気付くしかないな。
きっとお父ちゃんは変わらないんじゃ?もうあんなトシまでアレできちゃって。
あの会長さん?が親でお父ちゃんは子供みたいだった。
丸坊主ってのがまた時代錯誤。丸めりゃいいのかよって言うね。
すぐさま丸坊主にして謝罪したってのなら、まだ分かるけど。
お父ちゃんは丸めてないしね。
お兄ちゃんが1番にキチンとコメント出して、お兄ちゃんらしかったのでは?
朝の番組では、イジュウインのコメントが的をえてた。
ワジマさんが妙な事(質問の意図と違うような)を言って、司会者も出演者も一瞬「え?」と止まる場面が時々あって面白かった。
その後、オウチに謝りに行ったらしい。
反則ももちろんいい大人が「ゴキブリ」なんて程度の低い挑発させてんだもん。
それだけでもじゅ〜ぶん、謝罪は必要だよね〜。
[PR]
by baniko01 | 2007-10-18 15:31
朝イチ、まずは外に出て、ついに出す事にした冬用の布団を干した。
新しく掛け布団シーツも買った。
何やら風水では円形がいいらしいとチラリと知ったのでサークル模様のヤツ。
水菜とにんじんの小さな芽やバラに水をやる。
犬達の世話を焼いてから、お義父さんの朝ご飯を作り、渡す。
tonoは早朝、5時頃か?に仕事に行った。
tonoの音響の出番は昼かららしく、暇なようで途中電話をかけてきたりした。
小説を読んだりしてるらしい。
窓をいっぱいに開けて、掃除をする。
重曹水で床を拭きあげ、風にさらす。
するすると気持ちよくなった。
洗濯もいっぱいに干す。
見上げるとすんごい青空。
秋の気持ちのいい突き抜けるような青空だ。
さむ〜い冬が来るまで、この気持ちよさを満喫しなきゃ。

そうこうするうちにすぐにお昼になって、みんなのお昼ゴハンを作り、渡す。
そして片付ける。
それから夜のカレーを煮込み始める。
「煮込む」という作業がとても好き。

今のうちから冬に備えるべく体を整えていく。
レモンをつけた蜂蜜を入れたしょうが紅茶を飲んだり、芯から温もる入浴剤を入れてゆっくりお風呂に入ったり。
暑い間、ずっとシャワーですませていたけど、やっぱり湯船につかるとググ〜ッと気持ちいい。
お義母さんのいない間にお風呂場の一角もキレイに片付けた。
どう見たって要らないモノだらけになっていた場所を。
は〜サッパリ!

ちょっとガックリする事があって(注:友人のみなさま!大した事ではありませんぞ!)、でもそれを引きずる暇もなく家族のゴハンをワセワセと作っていたら、tonoが靴と靴下をプレゼントしてくれた。
私がこっちに来て、初めて仕事で落ち込んだ時は花束を買って来てくれたなぁ〜等とぼんやり思い出す。
秋はおセンチにさせるのかも(笑)
[PR]
by baniko01 | 2007-10-17 13:52
昨日から、2泊3日でお義母さんが旅行へ。
お義父さんの退院、リハビリ生活の開始からおばあちゃんの入院、手術、退院、療養生活と、ここのところ大変だったので、気分転換という事でお友達と旅行へ行く事になったよう。
お義母さん、ホント、大変だったから、tonoと旅行用の洋服や靴もプレゼントして送り出した。

のは、いいけれど、おばあちゃん、お義父さん、お義兄ちゃん、のゴハン等のお世話があり、それなりに大変だった。
お義父さん、お義兄ちゃんはtonoや私と同じもので大丈夫だけど、お肉の多い食事はおばあちゃんには重いよね・・・ってんでおばあちゃんのはまた別に作ったりして。
おばあちゃんとお義兄ちゃんは朝と昼は好きなものを食べてたけど、お義父さんだけは朝、昼、晩と3食用意しなきゃだったし。。。
大家族のとこってものすんごく大変だろ〜な〜としみじみ感じる2日間でした。
まだまだ修行が必要か。

カメダさんとこ。
まあ何とも言えない。
確かに1番責任があるのはお父ちゃんではなかろうか。
あの子はあれがいいんだって、あれでいいんだって育てられた訳だから。
でも、それってお父ちゃんだけじゃないよね。
メディアだって、面白いって、いいようにあのキャラを利用して来た訳で。
モチロン、「ダメでしょう!」って言ってきた大人達もいたんだけど、それさえも、その論争が面白いようにとりあげられたりして。
どんどんエスカレートしながらあのキャラは出来上がったんじゃないかな。
その素質?って言うか、芽みたいなものが本人にあった事はあっただろうけど。
そんで、大人の恐い所は、こういう風になってしまったら、イッセイに叩くんだよね。
いいように利用だけしといて、プイッと翻す。あっさりと冷酷に。
恐いよね〜〜〜。
お父ちゃんは本当はそういう一見味方みたいに見える汚い大人から賢く大事な息子を守ってやらなきゃいけなかったんだよね。
何の駆け引きもない、無償の愛の持ち主である唯一の大人なんだから。
あの子自身がこの事で大切なデッカイものを得る事が出来るといいんだけど。
失う事で得るものって重いし、デッカイし、本物なんだけどな〜。
[PR]
by baniko01 | 2007-10-16 19:05
エビゾウ・・・気持ち悪い。

最近踊る大捜査線やってますね。何となく観ましたが、
長さんがね。やっぱりとてもいい俳優さんでしたね。
その表情や間だけで空気が変わるとでも言いますか。

ここのトコロ、今までウチで作っていたお菓子や料理の見直しなんかをやっていて、今日も、単純だけどこの季節にはしみじみ美味しいスイートポテトを焼いてみた。
今回買ってたお芋は甘さが少なかったので、お砂糖を少し多めにして。
こういう素朴なお菓子もいいもんです。

e0055980_094299.jpg

・鶏のからあげ
・じゃがいもと玉ねぎの煮物
・アスパラの胡麻和え
・お味噌汁
・ごはん
e0055980_095979.jpg

・秋鮭の蒸し焼き
・じやがいもと玉ねぎの煮物
・お味噌汁
・ごはん

晩ご飯の写真を撮りつつもアップしてなかったな。

秋鮭おいしいです。ホイル焼きにしようと思ってたら、なんとホイルが無かったので、オーブンペーパーで対応。トースターでは焦げてしまうので、オーブンで焼きました。
アスパラやにんじん、貝割れやしめじを入れて。
蒸されたおつゆでじんわり美味しい。ポン酢をかけて食べました。

私は石橋をかなり叩いて渡る派。
tonoは橋が無くても渡りたきゃ渡るというタイプ。
時々衝突する事も。
私の慎重さが面倒臭いtono、tonoのアバウトさにイラつく私。
最終的には何だかんだ言って、ふたりのギリギリのラインで歩み寄るけど。
若い時は危ない橋や橋自体が無い事がおもしろく、楽しくもあった。
でも今はある程度大人になった。
沢山の事を経て、それまでも当然そこにあったのだけど、気付けなかった事に気付き始める。
ホントに当然の事。
当たり前の事だけど、誰もが自分だけで生きてる訳じゃないってこと。
どんな些細な事であっても、生きている限り他の存在と関わってる。
そしてそれって、水面に小石を投げた時のように最初は小さなものでも波紋となって広がって行く。
静かに、でも確実に。
その事っていつも肝に命じておかなければいけない。
ある種「覚悟」しておかなければ。
咄嗟に発した一言や、たった5分の遅刻・・・自分の起こす、決定する、その一歩は決して自分だけのものにとどまらない事。
なんだか息が詰まるようにしか生きられないように思えるけど、結局、生きる事には責任が必ず伴うものなのだ。
その事を胸の中にギュッと持ちながら、楽しく穏やかに日々を生きなければ。
「危機感」や「危機管理能力」ってとても大事だと思う。
「心配」はしてもしょうがないけど、「心配」と「危機感」は違う。
tonoはもう少し「危機感」があってもいいような。
おおらかでとてもいい人なので。
後、整理整頓が出来るともっといい(笑)
でもね、キチンと片付いた中でないといい仕事って出来ないんだよ。
これホント。
たったヒトツのものを探すのにかかるロスタイムはデッドタイムだ。
そうでなくても人生は探し物が多い。その時の時間は決してロスでもデッドでもないけど、仕事の上ではね。その死んだ時間に出来る事がある。
生きた時間にしないとね。
[PR]
by baniko01 | 2007-10-14 00:43
結構放置してましたね。
元気です。
実は今、ちょっと動いてる事があって。
ちゃんと決まったらまた報告します。

めっきり朝晩寒くなりました。
早朝の仕事が続いてる(秋は音響シーズンなのです)tono。
ごそごそとさっそくストーブを持ち出してた。
今朝も6時には出て行った。
こたつは・・・まだいいか。
しかし、この時期から「冷え」の対策は始めた方がいいので、色々と考えたり、買い込んだりする。
食材等。
レモンをはちみつにつけようかと思ったり。今日やる予定。
そう言えば、昨日は自家製ふりかけを作りました。
2日に1回とるお出汁。その時にかつおぶしと昆布の出汁がらが出て、「これってもったいないな」
と常々思っていたところ、「ふりかけに出来んかなぁ」と思いついたのです。
さっそく軽く絞った出汁がらをフライパンで炒って水分を飛ばし、お醤油とお砂糖で味付け。炒りごまも加えて出来上がり。じゃこや梅干しを入れると更に美味しそう。(うちはじゃこ入れれんけど。tonoが嫌いなので)
何も言わずにtonoのゴハンにふりかけて食べさせた。
「ふりかけ美味しい?」
「うん。何で?」
「これ、実はリサイクルなんよね〜〜〜(←自慢げ)」
「え?あ!お出汁の?へぇ〜!フツウに買ったのかと思った!」
さっそく色々調べてみると三つ葉のふりかけなんかの作り方が分かって、これが美味しそうだった。
今回はお砂糖だったけど、みりんの方が美味しいかも?
次回はみりんで。

にんじんの芽がいっぱい出ました。
急に寒くなったので、ちゃんと育つか心配。
[PR]
by baniko01 | 2007-10-12 07:40