<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

tonoとふたりでちょっぴり悔しい思いをした事があったので、
「クゥ〜!!!こんな時は肉食べないと!」
とトンカツを食べに。

ミルフィーユかつ。

あまりの美味しさに無言で頬張る。
そして無言のトレード(梅が入ってるのと入ってないのを食べ比べ)

そして満面の笑みのtono。

実は20代半ばまで、お肉が食べれなかったワタクシ。
んが、しかし!今では美味しく頂いとります。

ヨシ!次は焼肉だ!
中津には美味しくて安い焼肉屋さん「ユウラク亭」さんがある。
ここはもうホント美味しい!!!
以前は一応女子としての恥じらいゆえ、
「ごはん、、、小で。。。」
でしたが、近頃はもう我慢ならん!!ってな訳で
「ごはんは中で!!!(元気よく)」
になりました。
肉がうますぎて、ヨネペースがくずれんだよね〜。
は〜次に行けるのはいつになるのやら〜。
[PR]
by baniko01 | 2008-08-28 22:16
e0055980_2124712.jpg

e0055980_2124797.jpg

田んぼに立つ物体。
一定の間隔で、パ~ンと鳴ってカラス等を威嚇するやつ。
私も田舎育ちだが、下町風とでも言いますか、育った周囲には田んぼが無くて、ここへ来てから(大人になってから)田んぼの四季の風景を知ったので、そりゃあもう色々とビックリしたもんだが、このパ~ンは「ホ~!」と見とれ、忘れ、「おおっ!!」とビビるのを繰り返してしまう存在。 コレに稲は守られて、風に気持ち良く揺られている。

空が高い。
昨夜はまた一層と冷え込んだ。
秋だ。
過ごしやすいこの季節だが、春とはやはり違っていて、静々と過ごす雰囲気。
やっぱり、来るべく冬に備えるって感じだ。

とある人達と話す時、もう話し始めの段階で「あ!しまった!そうだった!」と思うのに、話しの流れ上後戻り出来なくてガックリとうなだれるという事がある。
お互いが無駄に心に負担をかける事がないようにと、そういったメンタルな部分を出さないように話さないように気を付けてるのだが、ちょっとした気のゆるみやら、揺れが生じた時にポロリと漏れてしまい、「しまった!」と思うのだった。 言葉って難しくて、何とか気持ちを伝えようとアレコレ選んでみるけど、結局のところ、そういう場合はどれを選んだところで、難しいんだよね。その人の頭の、心の中は既にヒトツの結果を出していて、そこに至る経緯だとか、根底に流れるものとかはもう関係無くてとかって時に、それはこうだったんだよ。なんて事はもう通用しない。それはずっとずっと以前から分かっていた事だった。けど、ホント気のゆるみってのは、恐い。強くいなければ!ゆるまないよう、揺れないよう。そして、最終的には、事の真意は何処かに消えて、冷酷に残酷に傷付けたという事となり、終わる。
もうそれでいいけどね。
フラリとしないように気を付けねば。
[PR]
by baniko01 | 2008-08-26 21:24
プラムの季節が終わり、プラムソーダファンのお客様からは
「残念。。。また来年のお楽しみですね。」
とありがたいお言葉を頂く今日この頃。(来年またプラムソーダを出せる様、頑張らねば!(笑))
やはり、フレッシュな季節物の果物って美味しいものね、と思い、明日から本当に数量限定になってしまうけれど、巨峰サイダーを出す事にしてみました。
厳密にはフレッシュとは言えないけれど、巨峰を一粒ずつ皮をむいて凍らせたものを、サイダーに氷の代わりに入れたものです。
凍った巨峰をそのままかじるも良し、溶けてきたのを潰してのむも良し、です。
でも、種はとってないので、種にご注意!!ですが、、、。
そんなこんなで、今晩は、ひたすら巨峰の皮むきをしていた訳ですが、その途中、まだらに皮のとれた巨峰をみて、昔、TVアニメの「宇宙戦艦ヤマト」に出てきた青い顔の悪い人(名前までは知らんが)を思い出した。
あの髪型のように皮が残ってて、薄紫色の巨峰の実の部分が顔に見えて。
そこからはもうずっと、巨峰があの人に見えてならず、「プ〜ッ」と笑えつつ、作業したのでした。

それからそれから、カボチャが美味しくなってきたので、この頃は小さなおかずによく登場しているのですが(特に照り焼きで!)、今日はシフォンにしてみました。
このところチーズケーキが続いたので。
cafe COPAINの「体おもひシリーズ」(勝手に命名)という事で。
あ、他にはもちろん青汁シフォン等です。豆乳もちもかな。

明日は豚肉の中華炒めの日。
小さなおかずはトマトやオクラや茄子など、夏野菜を使った物にします。

今日は何だかお店の話ばかりになりますが、秋用のお茶が入荷しました。
焼き栗の香りの物や、バニラにフルーツブレンドの物、キャラメルに蜂蜜やフルーツをブレンドした物です。
私が個人的に「秋っぽい」と感じたものですが(笑)
アイスもいいけど、ホットで楽しみたい!と思うヤツにしました。
ちなみに今日はyo-koちゃんと「栗」のやつを飲みました。
「う〜ん!栗だ!!」
とyo-koちゃん。
美味しかったようです。

今の時間になるとここはリリリ〜ともうすっかり秋の虫達の声が。
外に出ると気持ちのいい夜風がサラリとふいています。
雲間に少しの星がキラリともしていて、何とも気持ちの良い初秋の夜。
そしてもうすぐ新米です(笑)
北九州にいる頃はお米を「美味しい」とか「美味しくない」とか感じた事がなく、タダ、何も感じず食べていたけど、こっちへ来て食べた新米のそりゃあもう美味しかったこと!!!
移り行く田んぼの風景と共に今ではすっかりこの季節を心待ちにしている私です。
[PR]
by baniko01 | 2008-08-24 22:12 | cafe
「ブログが更新されてないけど、大丈夫?」
という心配メールが今まさに届いたので(笑)あわてて更新。

私は元気です!

まあ、色々と活動はしてましたが。

この更新が滞ってた間に、ホントにすっかり朝晩涼しくなった。
犬の散歩も快適!快適!

最近、お店で作ってはまったのが「豆乳もち」
豆乳を頂いたので、普通に飲むのも何だかもったいないと考え、冷たいデザートにしてみた。
豆乳200ccに対して片栗粉25gを混ぜて火にかけ、練っているとかたまってくるので、それをお水をはったボール等に落として一口サイズにカット!
冷たく冷やしてきな粉をまぶし、抹茶アイスと玄米フレークとで小さな和パフェにしていただきました。
豆乳もちはおもちや白玉だんご等とはまた全く違う食感で、おもしろいのです。

さて、今晩はヨガでした。
はじめてアロマをたきながらやってみたら、私としては何だかよかった。
ヨガ後は座談会にハナが咲く。
それぞれに抱えているものを、これまたデトックス。
スッキリする。
今晩のお茶は「白桃烏龍」
夏も終わり。
明日、秋用にとったお茶が届きます。

このところはずっと「暮らし」「生活」というものをグウ~っと掘り下げて考えている毎日。
これからのライフスタイルとでも言いますか。
どんな風に暮らし、生きていきたいか、そういうものを常に考えているような。
あ、それとやっぱり柔軟でありたいと思うこと。
何か問題が生じた時に、多角的に見れることはすごく心強いし、あたたかい。
誰かに何かが起きたとき、そんな対応の出来る自分でいたい。
[PR]
by baniko01 | 2008-08-22 23:39
昼間は34℃程にまで上がりムゥ〜と相変わらずの暑さだが、朝晩は幾分涼しくなって来た気がする。
大粒の雨を予告するかのような、蒸し暑さののち、やっぱり夕方には一時的な土砂降り。
昨日今日と、福岡は変わりやすいお天気だ。

しかし、こう暑いと水の中に浸かりたい気持ちがウズウズする。
シーカヤックとかも、いいなぁ〜と雑誌の中の薄緑に透ける風景にうっとりしたりして。
ああ、今年も泳がなかったな。
大人になればなる程、夏をめいっぱい楽しめてないな、、、と思うのは私だけだろうか。
花火もしてないし、、、クスン。
あ、私、夏休みってもんがないんだった!
cafe COPAINは通常通り営業しております。

スタッフ兼ほぼ家族化しつつあるyo-koちゃんは明日は水族館へ行くらしい。
いいなぁ〜。
水族館ってエラいワクワク楽しいですよね。
色々触って命を感じる事も出来るし、一面のブルーは何だかなつかしい記憶のような光景でもあり、何だか妙に落ち着く空間だったりして。
犬も入れたらいいのに。(チワワン達が長く留守番が出来ないので←って単なるワガママですがね。)

さてさて今日はカフェオレゼリーなるものを仕込んでみました。
コーヒーゼリーばっかりでは芸がない気がして。
バニラアイスも乗っけて提供するカンジです。

それからそれから8月下旬から少しお茶(フレーバードティ)の内容が変わります。
少し秋らしいものに変更です。
まだまだ残暑は厳しそうですが。
[PR]
by baniko01 | 2008-08-14 21:02 | cafe
お店の宣伝も。
ランチメニュー少し変わりました。
月曜日 ロールキャベツ→豚肉の中華炒め
木曜日 チキンのトマト煮→鮭のお野菜あんかけ
日曜日 和風ハンバーグ→やわらかチキンソテー
に変更しました。
金、土曜日はそのまま変わらずです。
みなさんが元気に、笑顔になる「ゴハン」をお出し出来るように頑張ります!

ここからはまた日常に(笑)
今日は昨日とうって変わって、朝からいいものを観た。

ヤワラちゃん。

本当に素晴らしかったし、やはり彼女の凛とした、決意のある生き方にはホ~ッと見入ってしまう。
冷静な、確固とした言葉の数々に聞き入る。
そしてあのダンナさんの想いのこもった言葉。
思わず朝からジィ~ンと目頭が熱くなるのだった。
そして夜は夜で、カンブリア宮殿でまたいいものを観る。
中村ブレイス株式会社 社長・中村俊郎氏。
小池栄子が
「何だか神様と話しているみたいに気持ちよかった」
というような事を番組最後に話していたが、確かに聞いているとス~ッと入ってくる話だった。
「人を幸せにする会社」を目指してきたというこの方。
その言葉はどれも心から出てきていて、お話の仕方もやんわりと優しく、けれど「ハート」の部分を語るときにキリッとなる目も良かった。
「利益だけで満足してはいけない」
これはいつも私も心に置いていることだ。
確かに利益が無ければ経営が続かなくなる。
仕入れ、従業員のお給料、必要経費等、賄う為には利益は当然必要だ。
私も時にはお買い物だってしたいしね(笑)
けれど、利益以上に大切なものは、ある。
私にとってもそれは「笑顔」だ。
訪れた方が少しでも元気になる時間をここで過ごせますように。
食事をして下さった方、おやつを召し上がって下さった方、飲み物を飲んで下さった方、お買い物に来て下さった方、どんな過ごし方でも何かしら元気になって、笑顔になって下さったならそれがイチバンだと心から思っています。
そもそも何でカフェがやりたかったか、と言えば「居場所」を作りたかったからだ。
ホッと出来る「巣」みたいな、ヒトリでも、フタリでも思い思いに疲れを癒せる「居場所」を作りたかった。
今も、その理想の「巣」を作りたく、悪戦苦闘中です。
それに地域の活性化というのも、おこがましくも中村氏の思想にうんうんと頷くのだった。
田舎だから「出来ない」のではなく、田舎でも「出来る」いや、「田舎だから出来る」
この町の、この町ならではの良さを表現出来たら、という思いもいつもある。
小さくても、ちっぽけでも、何かを発信し続ける事の出来る場でありたい。

そのために日々精進したいと思います。

いいものをみた日は自分のコアがムクムクとその存在をアピールしてきて、再確認出来、キリッとする。
そしてキレイな、暖かな、芯の通った心に触れたとき、浄化されたような清々しいとてもいい気持ちになれて幸せな気持ちになるものだ。
[PR]
by baniko01 | 2008-08-12 00:59 | cafe
更新。
今日、お客様に
「ブログ読んでます。僕のブログでもお店の宣伝させて頂きました。」
と嬉しいお言葉を頂き、お礼を言うのと共に、
「あ、ここんとこ更新してなかったな。。。」と反省してみたりして。
前にも書きましたが、このブログ、お店にリンクしてるワリに、お店の情報はあまり出て来なくて、書きたいようにツラツラと言いたい放題なので、こんな風に
「ブログ読んでます。」
と言われると何だか恐縮してしまったりして。。。
だったら、お店の事書けよ!って感じだが、そうもいかないのが日記(心の声)ってもんで。

恐縮です(爆)


てな事で今日も心の赴くままに叫びたいと思います。

そして、久方ぶりに飲んでます。
お店の事とは関係なく、今日はそりゃあもうガックリとうなだれざるを得ない級のツマシイ考え方を聞く事となり、そりゃあもう胸がギュ~っと不快でならなくなったのだ。
私はその事の当事者ではないのだが、そんな考え方があるんだと間接的でもその事に触れて本当に驚いたし、閉口した。
この目に見えるものだけに、上っ面なものだけでしか判断が出来ず、そのつましい判断でさえ一応誰かにうなずいてもらわなければ確信できない。
誰の事も受け入れない心で自分は受け入れられないと嘆く。
愛さない心で愛されないと叫ぶ。
この悲しい思考回路にある意味涙する。
一体何処までエスカレートするのだろうか。
これまでの人生、本当に誰の声もその心に届かなかったのだろうか。
あるいは本当は全て分かっていて、それでもここまで作り上げてきた馬鹿らしい自分らしさに身動きとれずにいるとでも言うのだろうか。
人の言葉はどれも額面通りに受け取っていいものなどほぼ無いのは当然だが、万が一全てが本音だとしたら、、、
「気づく」事の出来ない人生のなんと悲しいことよ。
本当の意味で愛される事や愛する事、受け入れる事、受け入れられる事を知らずに、知ろうとせずに、何処までいくのだろうか。
そのどれもがどちらか一方では、成立しない事もその人はきっとまだ知らない。
意にそぐわないモノは全て排除するその生き様は一見、自分だけを愛しているかのようだが、実のところその自分を一番愛せていないのは自分なのだろう。
いつの日にかその重くて厚くてくだらない鎧を捨て、「愛」に触れ、「愛」を配れるよう切に願う。
一瞬の、ぱっと見の「らしさ」がそれでは無いという事に気づけますように。
そして誰もがその張りぼてを見抜けると言う事、それは意味をなさないと言う事。
本当の孤独を知らずに孤独をうたって、酔いしれている事、それがつましい事である事。
どうか強くあって欲しい。
真の強さを持った人にこれからなっていって欲しい。
遅いと言う事はないのだから。
人は変われる。
「気づく事」が出来さえすれば。
必ず変われるのだよ。

前にも書いたが、目に見えるものにも確かに価値はあり、それを沢山持っていることで豊かな人生を送っているようだが、実は目に見えないものをいくつ持っているかの方が、断然その人の人生を豊かにすると私には思えてならない。
いつか時が経ち、その人にあった時、愛し愛される人でありますように。
その瞳に真実が映っていますように。
本当の強さを持っていますように。
その人生の旅を今はただ黙って応援しよう。
[PR]
by baniko01 | 2008-08-10 22:00