人気ブログランキング |

サービス精神もほどほどに。

今年もこの季節が来ました。

栗。

栗の渋皮煮の季節。

指をジンジンさせながら、1キロ弱の栗の鬼皮を渋皮に傷をつけないように精神を集中させつつ(そこまでないか)むき、
e0055980_21175980.jpg

重曹をいれたお水からクツクツと静かに何度もゆでこぼし、
e0055980_21184463.jpg

♪あ〜ぶくたったぁ〜煮えたったぁ〜♬

重曹無しで再度煮こぼし、やっとこさシロップで煮込みます。
私はここでラムも少し入れています。
何て言うか、パンチがきくので(笑)スパイスでパンチを効かす手もあるけれど、私はラムの方が好み。何しろ元酒豪なもので。
e0055980_21212753.jpg

e0055980_21213014.jpg

そうしてやっと出来上がり♪

毎度皆様に
「難しいんでしょう?」
と聞かれますが、、、難しくは無いんです、ただ煮ていくだけなんで。
ただ時間はかかります。
1キロとかだとそりゃあもうかかります。
んが!その甲斐はある季節のお楽しみです。
食べるのは、、、ものすごくあっと言う間です(笑)

この渋皮煮を使ってシフォンを焼こうと、
『やっぱ、い〜っぱい栗がはいってる方が嬉しいよなぁ。』
と思い、どっさりと、そして
『やっぱゴロゴロデッカいのがいいよねぇ♪』
と大きめに刻んで、、、焼いたところ、
いつものように瓶の上で冷やしてたら

ドサーーーッ!!!

生地が落ちてきちゃいました(泣)
長いシフォン歴でこんなこと初めて!!!
落ちた生地をよくよく見ると。生地そのものはしっかりいつも通り焼けてるけれど、何しろ栗がデカ過ぎ!そして入り過ぎ!!
栗の部分が割れ目となり落ちて来たもよう。。。

んん。。。

再度焼き直し。
栗の量は変えずも、いたしかたなく細かく刻みました。

んんん。。。
無念じゃ。
ゴロゴロの栗にしたかった。

しかしながら去年もやったはずのこの作業。
きっと細かく刻んだんだろうな、去年は。
落ちて来なかったし。
忘れまい。
そしてメモろう。
来年の為に。
いやさ、今年の為に。
by baniko01 | 2009-09-25 21:32 | cafe