人気ブログランキング |

ニーズについて考える。

こう言っちゃあ何だが、田舎においてエコだの、オーガニック等といったことに対する特別感というものは、ほとんど無いのかもしれない。
何故なら、そういったモノは昔ながらの暮らしの中では、ごく普通に存在している事だからだ。
意識して暮らすのではなく、無意識の暮らしの中に根付いている。
私のカフェで、声高々にうたうそういったもの達はこの町の中では、何の「特別」でも無いのではなかろうか。
そう思うと、特に腕があるわけでもない私は、愕然とする訳だが、では何が求められるのか、という事にしっかりと目をむけなくてはいけない。
腕しかり。
知識しかり。
早さしかり。
気配りしかり。

しばし、遠くをみる。

カフェ。

今、あの店はみなさんにどんな風に捉えられているのだろうか。
カフェ文化のないマチで。

しかし、いくらエコ、ロハスといったことに「スペシャル感」がないとは言え、私のモットーとするところは捻じ曲げられないのだ。
それは現段階のプライドであり、ポリシーなのだから。
ならば、外に向ければいい。
このマチは、ロハスな素晴らしいマチなんだもの。

「何がしかの発信地」でありたい。

腕も磨こうぞ!
知識もつけようぞ!
スピードもあげようぞ!
気配りしようぞ!

頑張らなければ、明日はない。

かも。
by baniko01 | 2008-01-21 22:54 | cafe