人気ブログランキング |

ざわわ。

昨日も今日も強い風。
その強い風の中、あざやかなグリーンとシルバーの波。
ざわわ、ざわわ。
e0055980_20511286.jpg

cafeの周りの麦畑。
これらが実って収穫されたらまた地粉でお菓子が作れます。
今は熊本の小麦を使っていて、熊本もいいけれど、やっぱりすぐそこで採れたものを使いたいのです。
この広大な緑の海をぼんやりと眺めていると、すぅ~とマイナスの事たちがその波に流されていくよう。

実は今日、とても切ない気持ちになったのです。
と言うのも、本日最後のお客様、いや、それは業者さんだったのですが、思い起こせば、初めてその方がそこの商品を持って現れたのは今年2月頃。
大変失礼な事ではありますが、自分で作ったものしかお店で出す気がなかった私は(そこの商品というのがすでに出来上がった食べ物だったので)、その方のお顔をすっかり忘れておりました。
そしたら、帰り際に
「オーナーさんの奥さん?」
と聞かれ
「はい。」
と答えると
業「私のとこの○○どうでした?2月ごろ持ってきましたよね?」
私「ああ!」
業「どうでした?どうでしたか?(強い口調)」
正直、私はあまり好みではなかったその味の事を思い出し、うまいウソがなかなか出てこない私の性質上、なんとか丸くおさめようと、
私「あの~、、、まあ、ウチはウチで○○作ってるんですよ~。なので、ちょっと、、、」
業「いや、味は?味はどうでした??」
たじろぐ私。そして苦し紛れに
私「いや~、、、ウチはレトルトとか、、、」と言いかけたところ、とてもカンにサワッタらしく
業「ウチの○○はレトルトじゃないですよ!(怒り口調)」
私「いやいや、そうではなくてレトルトとか、他のところで作られたものは一切出していないんですよ~(恐る恐る)」
業「(更に怒り口調になり)じゃあ何ですか?お宅は☆☆(調味料的なもの)はどうしています??作ってるんですか?」
私「い、いや、それは、、、(更にたじろぐ)」
業「そうでしょうが!☆☆は△△か、□□(スパイス会社の名前)しかありませんもんね!それだったらあなた、そりゃあ手作りとは言えないでしょう!!!皆さんそうなんです!ウチは手作りですとか言いますけど、それらを使っている限り手作りとは言えませんよね!!!家庭料理の延長戦にしかすぎません!!!!!」
私「(もう泣きそう)うちは家庭料理的なものしか出していませんから。。。」
業「ああ!そのレベルなんですね!ウチの○○は全国どこでも通用します。レストランでも何処でも!今日はね、この近くにウチの○○を取り扱うお店が出来るんですよ。だからその下見に来たんです!そこのオーナー夫妻は○○はおたくの○○しか考えておりませんって言ってくれてね!!そのついでに寄ったんです。○月にはこのすぐ近くに出来ますからね!!!じゃ!」
と、まくし立てて帰っていきました。

恐かった。頭にくるとか何とかよりも。
そして何故私はこの○○業者さんにこんなに怒られたのであろうか。。。
ううっ。。。

が、しかしそのおじ様がおっしゃっている事もごもっともだし、自分が一生懸命作ったものをレトルト扱いされそうに思ったこと(正しくは勘違いなさったのだが)や、自信を持って薦めているものを受け入れられなかった事等からもご立腹は仕方のない事だろう。
彼は彼の仕事に誇りを持っているだけなのだ。

確かに私は何処か有名なレストラン等で修行した訳でもないし、とても平凡だし、コレといって優れたとこのあるカフェではないけど、スタッフのみんなが優しく一生懸命作り上げてるこのカフェに対するあのおじ様の言葉の数々は、そのご立腹を納得出来ても、とてもショックではあった。

けれど、常連さん達の笑顔やその方々との会話、スタッフ達との毎日、そしてこの雄大なグリーン、決して利口ではないけれど私の感情の波だけは正確に察知する我が家の犬達、それからそれから平成のプラス思考男!tonoからのお言葉により、何とか短時間で回復した。

失敗や至らないことがまだまだ沢山で、不快な思いをされたお客様も沢山いらっしゃると思います。
沢山反省して、もっと居心地の良いカフェになるよう、精進してまいりますが、家庭的なメニュー構成は今のままでいきたいと考えています。
何処へいってもいい点数のとれるモノは作れません。
けれど、その時のその時期のその土地の美味しいものを、少しだけではありますが、私たちなりにベストを尽くしてご提供していきたいと考えています。
今後とも宜しくお願い致します。
by baniko01 | 2008-04-19 21:33 | cafe